五頭今板温泉「湯本舘」の日帰り入浴を利用してみた【レポ】全国でも珍しい健康の湯・ラジウム温泉が魅力

五頭今板温泉「湯本舘」の日帰り入浴を利用してみた【レポ】全国でも珍しい健康の湯・ラジウム温泉が魅力

2021/12/20

いよいよ寒さが本格的になってきた新潟。毎日のように降る雨と吹き乱れる冷たい風、お日様なんていつ見たかしら……というような日が続いています。

年間日照時間全国2位である群馬県出身で、気温も高く晴れの日が当たり前だった私オハナにとって、新潟の冬は本当に憂鬱。体も心も冷え切って、「早く春にならないかな……。」とため息をついている日々です。

しかし、こればっかはどうしようもない!「新潟に住む」ことは自分で決めたんだから、いつまでも文句を言っている訳にもいきません。

また、同じセナポンメンバーのヌマジリが書いた下記の記事の通り、捉えようによっては新潟の冬はとても魅力的にもなりますよね。

新潟の冬をポジディブに捉えてみたいの会
ヌマジリ皆さん、何がそんなに嫌なんですかね? どうもこんにちは。新潟一筋四半世紀のヌマジリです。愛LOVE、ニイガター! さて、そんな地元愛に溢れるナイスガイな…
senapon.jp

ということでこの寒さを逆手にとって、寒い冬だからこそ楽しめる施設を満喫してくることにしました!

寒さを楽しむ……と言ったら温泉でしょ!

皆さん、知ってました?新潟って実は結構な温泉王国なんです。新潟にある全ての市町村から温泉が湧出しており、温泉地数は144件。この数は全国でも第3位なんですって。(※新潟県公式HPより)

ちなみに1位は北海道で2位は長野県。温泉で有名な大分県や群馬県よりも新潟の方が温泉地が多いなんて!結構びっくりです。

※温泉地とは宿泊施設のある場所を指し、一軒宿も1温泉地としてカウントされます。日帰り施設のみの場所は含みません。

今回訪れたのは 五頭今板温泉「湯本舘」

新潟の温泉地というと村上の瀬波温泉や新発田の月岡温泉が有名かな~と思いますが、今回訪れたのは阿賀野市にある五頭今板温泉「湯本舘」さん。

五頭山の麓、今板温泉にある14部屋のこぢんまりした旅館です。

今回どうしてここに来たかというと!個人的な理由で申し訳ないのですが、湯本舘の若女将しょう子さんとTwitterで繋がっており、ご自身のお宿愛溢れるツイートや館内の美しいお写真を見ていて、ずーっと「行ってみたい……!」と思っていたから!

https://twitter.com/yumotokan_shoko/status/1462635591808401410?s=20
https://twitter.com/yumotokan_shoko/status/1428478394518315016?s=20

見て、この魅力的なツイートの数々!こんなん行きたくなっちゃうじゃないの。(自分が働いている場所や自社製品のことを心から好きって言える人って素敵よね。)

素敵なお庭に癒されたい~!五頭山の自然に包まれながらの露天風呂で心も体も満たされたい~!何よりニコニコ若女将しょう子さんにお会いしたい~!と思ってはいたのですが、旅館となると宿泊……。そうすると「何か特別な記念日とかに行こうかな~。」と思って予定が先延ばしになっていたのです。

でもなんと、湯本舘さん、日帰りで温泉だけの利用も出来るんですって!!

オハナ
オハナ

これは……!今すぐ行くっきゃない!!

ということでさっそく湯本舘さんのある阿賀野市まで車を走らせてきました!

日帰り入浴を利用してみた

ここからは湯本舘さんで日帰り入浴を利用する場合の流れをご紹介していきます。

1.日帰り入浴を利用できる時間帯にレッツゴー!

宿泊だけでなくお風呂のみのご利用も大歓迎な湯本舘さんですが、日帰り温泉が利用できる時間帯は10:30~15:00、18:00~21:00の間。15:00~18:00の間は利用できないので注意です!ちなみに私は平日の13:00ごろに伺いました。

※しかしあまり大きな湯船ではない為、混みあってる時間帯や、お昼の日帰りで混雑している時はお断りする場合もあるとか。お電話などでその日の混雑状況を確認するのが確実だそうです。(ちなみに狙い目は12:00~14:30頃だって。)

2.ニコニコ若女将しょう子さんがお出迎え。利用料を払おう。

入り口の自動ドアが開いて中に入ると、広がるのはこんな感じの素敵な空間。

オハナ
オハナ

わあ~!久しぶりに「旅館」ってところに来た……!

とテンションが上がる私。すると

若女将しょう子さん
若女将しょう子さん

こんにちは!お待ちしてましたよ~。

とフロントにいた若女将のしょう子さんがニコニコ笑顔で出迎えて下さいました。

オハナ
オハナ

やっとしょう子さんにお会いできた~!嬉しい~!

としばし感動に浸ってしまいましたが、今日はお風呂に入りに来たのです!ということでさっそくフロントにて利用料を払いましょう。

料金はお一人につき税込700円。タオルをお持ちでない方は税込150円で湯本舘タオルを購入できます。

料金を支払ったりする間、

若女将しょう子さん
若女将しょう子さん

最近寒くなってきたので、温泉日和ですね~。ゆったり浸かっていって下さいね。

と優しいお声をかけて下さるしょう子さん。「これからお風呂で癒されるんだ~!」と気持ちも高まります!

3. エレベーターで2階に上がり、いざ温泉へ !

料金を払ったらさっそくお風呂がある2階に上がります。

エレベーターまでしっかり案内してくれるしょう子さん

エレベーターから出て少し進むと、温泉宿によくあるのれんが見えました!

オハナ
オハナ

これを見ると、「温泉に来たぞ~!」って感じがしてワクワクしちゃうね!

いよいよお風呂に入るぞ~!

館内のお風呂は全てラジウム温泉

さてさて、浴場の紹介をする前にまずは今板温泉の効能を紹介します。

湯本館のお風呂は館内全て「ラジウム温泉」という全国的にも珍しい温泉。ラドンという放射能を微量に帯びた温泉が細胞を刺激し、体の酸化を防ぐ働きがあるため「健康の湯」と言われているんだとか。そのため、温泉だけ入りに全国からお客様が訪れるよう。

主な効能は画像の通りですが、特に痛風糖尿病リウマチなどの病気をお持ちの方に効果があるようですよ。

水質としては無色&無臭で、入っている時は「ちょっとぬるめかな?」と感じる程のぬる湯(約40度程)。しかしあがってからも驚くほど汗が引かず、この発汗作用には皆さん驚かれるようです。どんな方でも新陳代謝アップ間違いなし。

また、お湯の中にほんの少しだけ油が含まれているんだって。(そのため、今板温泉は飲泉許可が下りていないらしい)なので保湿・保温効果が高く、美肌効果も高いよう。思わず「さわってみて!」と言いたくなるようなエステいらずのつるつる肌が手に入るみたいです。嬉しい~!

では、お待ちかねの浴場の紹介に入ります。

ぬるめでじんわりあったか~い「大浴場内風呂」

脱衣所から浴場に入るドアをがらりと開けて、すぐ目に入るのが 「大浴場内風呂」 。

(※今回他に人がいない時間帯だったので、特別にお写真を撮らせていただきました!)

足を伸ばせるお風呂に入ったのが久しぶりだったので、気持ち良すぎて感動……。一気に体がほぐれて思わず「ふう~~」って声が出ちゃいますね。大きいお風呂って……最高っ!

また、先ほど紹介したようにお風呂の温度はややぬるめ。もっと熱いのが好きな人もいるかもしれないけど、のんびりいつまでも入っていられる感じが私はすごく好きでした。

まずはここでじっくり体を温めます。

景色と澄んだ外気に癒される「露天風呂」

内風呂でしっかり体を温めたら、いよいよ楽しみにしていた露天風呂へ。

オハナ
オハナ

やった~!!露天だ露天だ~~!!開放感~~!!

久しぶりの露天風呂、思わず笑顔になっちゃいます。

そして外に出て感じたのが「空気が……澄んでいる……!」ってことでした。五頭山の中にある一軒宿の湯本舘さん、露天風呂の周りに生えている木はもちろん五頭山の天然もの。本物の自然の中に囲まれてお風呂に入れるなんて、超贅沢ですよね。

伺ったのは12月の頭、結構本格的に冬になってきた頃でしたが、このように紅葉している木もちらほらありましたよ。季節ごとに伺って四季折々の景色を楽しみたいね!

お風呂の温度は先ほどの内風呂と違って少し熱め。内風呂に比べて、露天風呂は熱めに沸かしているんだって。

冷たい外気と温かいお風呂のコントラストがたまらない~。

余計なことは全て忘れて、ただただ温泉に浸かる。最近忙しくて、常にスマホかパソコンを覗きながら「何かやらなきゃ……!」と頭を働かせていた私にとって、思考をリセットする良い時間でした。

この温泉が流れてくるのをぼーーっと眺めながら「体、あったかいな。」「空気きもちい~。」ってことだけを考えている時間、最高すぎたな。

4.心も体もぽっかぽか!たっぷり休憩してフィニッシュ。

内風呂と露天風呂を何度か往復して、頭と体を洗ってフィニッシュ!あがったあとは入り口ののれん前にある休憩所で湯あがり水を飲みながらしばし体を休めます。

効能の通り、あがったあとも体がポカポカ!私の場合汗が止まらないって感じではありませんでしたが、奥からじんわりあったかい。体の芯まであったまったな~って思いましたね。お肌もしっとりつるつるになりました!

フロントへ戻ると、しょう子さんがお出迎え。

若女将しょう子さん
若女将しょう子さん

ゆっくり楽しんでもらったようで嬉しいわ~。あったまりました?

と声をかけてくれました。

オハナ
オハナ

はいっ!自然に囲まれながらお湯に浸かってボーっとする……。最高の時間でした!

その後もちょっとしょう子さんとおしゃべりしながらTwitterで見ていた綺麗なお庭を眺めたり、お庭の鯉を見たり……と旅館の雰囲気も楽しませていただきました!

Twitterでもずっと見ていたお庭。綺麗ねえ~。
お庭の中にいる大量の鯉。200匹くらいいるらしい。
しょう子さんに声をかければ、鯉の餌やり体験が出来ることもあるよう!

お風呂にも癒され、しょう子さんにも癒され、心も体も満たされた日帰り入浴でした!温泉も温度がぬるめなのでず~っと浸かってられる感じがしたし、こんなにも体に良いと聞くと何度も入りたくなりますよね。今度はもっとゆっくり泊まりで来てみたいな。

ちなみに家に帰ったのは温泉に浸かってから2.3時間後でしたが、体のポカポカ感はそれまでず~っと持続してましたよ。びっくり!

まとめ ~癒しの宿湯本館~

さて、今回は五頭今板温泉「湯本舘」さんにお邪魔し、日帰り入浴を利用させていただきました。

これから寒さが本格的になる季節、体を芯からじんわりあっためてくれる湯本舘のラジウム温泉に、日々の疲れを癒されにいってはいかがでしょうか?

※もちろん宿泊のお客様も大歓迎!プランの確認やご予約はこちらのHPからどうぞ。

ニコニコ若女将のしょう子さんが待ってるよ~!

営業時間・アクセス・駐車場情報

施設名五頭今板温泉「湯本舘」
住所〒959-1927 新潟県阿賀野市今板795-2(地図
電話番号0250-66-2321
定休日不定休
SNS等公式サイト Twitter Instagram Facebook

おまけ:湯本舘近隣のおすすめ観光・ランチスポット

湯本舘のニコニコ若女将しょう子さんによると、日帰りのお客様は「近隣の観光スポットの帰りにお風呂に入りに来ました~。」という方がとても多いのだとか。「皆さまどんなところに寄ってから来られるんですか?」と阿賀野市のおすすめスポットについてお聞きしてみました!

五頭山 ‐登山口まで湯本舘から車で約5分

若女将しょう子さん
若女将しょう子さん

五頭山に登って疲れた体をお風呂で癒しに来られる方は結構多いですね。五頭山って新潟県で一番登山者が多い山なんですって!

旦飯野(あさいいの神社 ‐湯本舘から車で約10分

若女将しょう子さん
若女将しょう子さん

小さいんだけど、1700年の歴史がある由緒正しい神社です。老若男女問わず多くの方が参拝に訪れる新潟が誇るパワースポットなので、まだ行ったことがない人はぜひ!

瓢湖屋敷の杜ブルワリー ‐湯本舘から車で約10分

若女将しょう子さん
若女将しょう子さん

世界各国のブルワリーが集まって開催されるワールドビアカップで、国内メーカーとして初の金賞を受賞したブルワリー!世界に認められた美味しさを感じてほしい~。

瓢湖屋敷の杜ブルワリーについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています!

瓢湖屋敷の杜ブルワリーで世界が認めたスワンレイクビールを飲んできた!
ビールのオリンピック「ワールド・ビア・カップ」で、日本メーカー初の金賞を受賞したスワンレイクビール。これを醸造している瓢湖屋敷の杜ブルワリーに行ってきたのでレビ…
senapon.jp

岩瀬の清水そば ‐湯本舘から車で約10分

若女将しょう子さん
若女将しょう子さん

名水・岩瀬の清水で打つ、素材・工程・製法にこだわった十割そばが食べられるお店。人気のすだち蕎麦は通年食べられるようですよ!

ハラクチェ ‐湯本舘から車で約15分

若女将しょう子さん
若女将しょう子さん

新鮮な朝採り野菜を使用したイタリア料理を楽しめます!森の中にある素敵なレストラン♪

ビストロオオヤチヤ ‐湯本舘から車で約15分

若女将しょう子さん
若女将しょう子さん

美味しくておしゃれなお料理が昼も夜もリーズナブルなお値段で食べられる!本当におすすめのお店。そして実は店主が私の幼なじみなんです。笑

今回紹介した以外にも、阿賀野市には魅力的な観光名所やお店がたくさんあります。ぜひ一度訪れてみて下さいね。色々寄った帰りに湯本舘の温泉で旅の疲れを癒す……なんてコース、最高です!

関連記事

回らない寿司級!新潟の美味しい地元回転寿司チェーン4選
新潟市おすすめ回転寿司を4店舗紹介します。新潟に住む地元民である私が太鼓版の間違いなく美味しいお店を厳選しました。県外からの観光で訪れている人におすすめの回転寿…
senapon.jp
地元民ぞ知る!新潟市の穴場グルメ
新潟市内で生活するセナポンメンバーで新潟市の穴場グルメのお店を紹介してもらいまとめました。 お米、海鮮、ラーメン以外にもおいしいものはたくさんあります。 地元民…
senapon.jp
新潟に遊ぶところがないってほんと?春夏秋冬別のアウトドアレジャーまとめ
新潟で30年以上生きてきて、新潟以外の都市で生活してみたいと思ったことがほとんどないくらい新潟好きな私です。ただ、唯一嘆くのが新潟は遊ぶ場所が無いという事。地元…
senapon.jp

セナポンとは何ぞや?という方はこちらの記事をどうぞ~!

【超解説】セナポンとは何ぞや!!【どうして作られた?どんな人たちが運営?ゴールは?】