人生設計は超大事!7つのライフイベント毎に統計データから新潟県の平均値を考察

人生設計は超大事!7つのライフイベント毎に統計データから新潟県の平均値を考察

2021/2/12

唐突ですが、人生設計ってしたことありますか?

人生設計って言葉自体は聞いたことがあると思います。

例えば、

大学を卒業して地元企業に就職。26歳で結婚し、28歳に第一子誕生、31歳で第二子誕生、34歳で第三子誕生。就職して10年の節目の33歳にマイホーム購入。35年ローンなので68歳までは現役で仕事を頑張る。仕事では35歳までに管理職になり、順調に昇進していって50歳までに年収1,000万円に到達。年収1,000万円を実現するために副業も可。
年に1回の家族旅行は必ずする。老後は海外にも旅行に行きたい。老後のために3,000万円は貯金したい。

こんな感じ。

これはテキトーに書いたので私の人生設計ではないですよ笑。これくらいなら、一度くらい頭の中で描いたことがあるのではないでしょうか?
私もこれくらいなら何となく頭の中で想像したことがあります。でも想像だけで現実的に実現可能なのか?そこまで詰めたことはないです。でもきっと人生設計はちゃんとやっておいたほうが良いだろうなとは理解しています。

という事で、今回は私が住んでいる新潟にフォーカスして新潟での平均的な人生設計について考察したいと思います。官公庁の統計データやネット上の情報を基にしながら、できるだけ新潟のライフイベント毎の平均値を出しました。
この記事を通して、人生設計をする際の材料になればと思っています。

こんな人におすすめ

  • 新潟に生活基盤を築いている人
  • 新潟に移住する人
  • 新潟で就職しようか迷っている学生
  • 新潟在住だけど将来に不安がある人

大きなライフイベント毎の新潟における統計データまとめ

人生設計しだすと細かいところまで見ていかなければいけないと思いますが、今回は主な大きなライフイベント毎に官公庁の統計データ、ネット上の情報などを基にして考察します。
新潟の統計データがない場合は全国のものになったりしますがご了承ください。

以下のライフイベントについて一つ一つ見ていきます。最後にそれぞれの項目毎に平均値を出していきます。

  • 仕事
  • 結婚
  • 出産
  • マイホーム購入
  • 子供の進学
  • 子供の結婚
  • 退職~老後

前提条件

新潟出身の浪人なし4年制大学卒男性。大学卒業時点で22歳。

1.仕事

まず仕事についてですが、仕事をするには就職が一般的だと思います。
就職はまさに人生における大きなイベントです。
ここでは国勢調査を基に新潟県がまとめた資料を参考にしていきます。

平成27年10月1日現在で実施した国勢調査の新潟県分の就業状態等基本集計結果がまとまりました。
www.pref.niigata.lg.jp

高卒でも大卒でもいきなり自営業や独立をする人は稀だと考えれば、就職は必ずするでしょう。実際自営業主は就業者数全体の9.8%ですからね。でも意外と多い。
産業別では「製造業」(18.3%)、「卸売業・小売業」(16.1%)、「医療・福祉」(12.5%)、「建設業」 (9.9%)、「農業、林業」(5.6%)の順です。農業大国とは言え、やはりモノづくり大国日本なので製造業従事者が多いようです。

また、結婚するとしたら新潟における夫婦共働きの世帯割合は55.1%という情報も頭に入れておきたいところです。私の周りは知る限りみんな共働きなので、この割合は今後さらに上がっていくでしょう。


仕事での収入面を見ると、新潟県の10人以上の従業員がいる民間企業の平均年収は418.8万円です。

グラフで見る! 新潟県の平均年収 (産業計の常雇フルタイム) 民間企業(従業者数10人以上)フルタイム労働者の平均年収 年ベース 【出所】厚生労働省 賃金構造基本統計を基にGD Freak推計

今回製造業に就職することにしましたので、新潟県の製造業の平均年収を見てみると、408.9万円でした。

グラフで見る! 新潟県の平均年収 (製造業の常雇フルタイム) 民間企業(従業者数10人以上)フルタイム労働者の平均年収 年ベース 【出所】厚生労働省 賃金構造基本統計を基にGD Freak推計

大卒の新卒入社が該当する20~24歳で300.9万円、最も高くなるのは50~54歳で482.6万円です。
60歳定年だとすると、

平均年収408.9万円 × 38年 = 生涯年収1億5,538万円 

となりますね。仕事で得られる収入はこれに退職金、定年後の継続雇用制度など+αがあるとは思います。平均値を単純に年数でかけたので信ぴょう性があるかわからない数値ですが、ざっくり定年までの生涯年収はこんなところでしょう。

平均値例

地元の4年制大学を卒業し地元新潟の中小企業に属する製造業に就職。平均年収は408.9万円、生涯年収は1億5,538万円+α

2.結婚

結婚の時期はいつ頃が平均値なのでしょうか?
新潟県が出している統計資料を基に見ていきます。

平成30年に県内において発生した日本人の人口動態(出生、死亡、婚姻、離婚)について集計した確定数の公表です。
www.pref.niigata.lg.jp

平成30年のデータですが、男性の初婚年齢の全国平均が31.1歳に対して新潟県は30.9歳。女性は全国平均29.4歳に対して新潟県は29.2歳。結構高めですね。でも全国平均よりちょっと下回るか同じくらいか。


結婚に際して結婚式をすると思います。新潟県は結婚式にかける費用が全国的にも高めだと聞いたことがあります。

地域別・結婚式費用の相場ランキングをご紹介します!各地域の結婚式費用の特徴や傾向もあわせて解説。「式を挙げる予定の地域の費用相場が知りたい」「自分の地元や住んで…
www.niwaka.com

こちらによると結婚式にかかる費用の新潟県の平均値は332万円。全国平均が308.3万円ということでやはりお高めになっています。ご祝儀や親からの援助も当てにしていいですが、結婚式費用もかなり高いですし、新婚旅行、新生活費用も一緒にかかります。結婚には結婚式以外にもトータルで出費が嵩みますから計画的な貯蓄が必要です。

結婚後は、「1.仕事」でも取り上げたように新潟県では夫婦共働きが55%を占めているという事で、奥さんも働く想定とします。

平均値例

30歳に結婚。結婚式と新生活費用として200万円貯蓄する。(奥さんは150万円と想定。親からの援助は考慮しない)

3.出産

新潟市は保育施設、公園が多く、子供にやさしい街と言われています。

こちらの新潟市が運営しているサイトでは「待機児童数0」「保育所数が政令指定都市第1位」「都市公園数政令指定都市第2位」など、数字上の根拠を基に子育てしやすい都市であると謳っています。
とは言え、合計特殊出生率は令和元年度人口動態統計で新潟県は1.38(全国1.36)で全国順位35位と低めの結果に。子育てしやすい材料が揃っているとはいえ、子供が多いという事ではないようです。

出産に際しては、奥さんは産休育休で収入が減ってしまいます。育児休暇をいつまで取得するのかによっても条件は変わってきます。今は男性の育児休暇も推奨されていますから、もし2人で育児休暇を取るなら収入の大幅な減少は避けられません。この辺もよく考えておきたいところです。
また、出産費用は健康保険の一時金で42万円支給されるはずですが、その他に「検診費の自己負担分」、「入院費の一時金との差額分」、「子供の着る物やベビーカーなど」も必要です。出産にかかる費用は相当あります。
子供が生まれることは楽しみでもありますが、収入の減少、支出の増加も良く考慮しないといけません。

平均値例

子供は1人~2人。出産に際してかかる貯蓄も行う。一人に付き50万円は支出がある想定。

4.マイホーム購入

新潟は大体家持ち。こちらの情報では新潟県は持ち家住宅率が75.6%と全国5位の高い水準にあるようです。

都道府県別の持ち家住宅率をランキングやグラフで紹介。総務省が調査した住宅・土地統計調査の住宅や土地の所有状況をもとに、持ち家住宅率の高い地域や、世帯年収と持ち家…
suumo.jp

持ち家住宅率だと実家住まいも含まれますが、実質自分の家を持っていると想定される住宅所有率だと新潟県は69.1%で全国6位とこちらも高水準。やはりマイホーム購入の傾向にあります。土地所有率も高いのでマンションよりは戸建ての傾向が高いでしょう。


では実際、「土地+注文住宅」でいくらかかるのか?新潟の平均値は2855.8万円です。

新潟県にて注文住宅で家を建てた方の各種データをまとめています。費用相場(建築工事費や坪単価など)、資金計画(世帯年収や自己資金、住宅ローンの借入額など)、家を建…
a-homeplan.com

新潟県におけるマイホーム購入時の世帯主の年齢は35.3歳、家族数は3.3人、世帯年収は563.9万円です。
新潟県の平均年収が約400万円でしたから、世帯年収を見る限り共働きでないと子供と家の両方は厳しいと判断している人が多いようです。
また、ローン額は新潟県の平均が2855.8万円、自己資金が430万円、毎月の返済額が9.1万円。頭金を払う傾向があり、貯蓄もしておく必要があります。
新潟の賃貸の平均額が家族3人2LDKに住んでいたとしても6~7万円くらいが相場なので毎月ローン返済が9.1万円だとしたら、差額の2~3万円をどう埋めるかは家計の支出を抑えるしかないです。その際にお金がかかる趣味もやめないといけなくなる可能性もあります。そこまで考えてマイホーム購入を決断しなければいけません。
もちろん収入を増やせばいいんですけどね。

平均値例

35歳でマイホーム購入。価格は2900万円。マイホーム購入のための頭金を500万円貯蓄する。35年ローンで70歳で完済。ローンを組んだ際は返済できるか家計の見直しが必要。

5.子供の進学

子供の進学費用は馬鹿になりません。私立か公立で大きく学費が違います。ましてや、幼稚園や小学校から私立となると・・・。

こちらの新潟県の統計資料(平成30年)から考察します。

平成30年度 学校基本調査結果 – 新潟県ホームページ

中学校卒業後は99%が高校進学。高校は77%が公立、23%が私立です。高校卒業後は46.4%が大学進学、26.1%が専修学校(専門学校など)進学、19.5%が就職となっています。


高校卒業後の進路で最も多い大学進学についてはこちらの資料を参考にしました。

平成30年度 大学等進学状況調査 – 新潟県ホームページ

大学に進学した人全体における県内の大学進学率が37.9%、県外大学が62.1%です。県外進学が多い傾向。また、国公立進学の割合は32.8%、私立が67.2%となっています。

これらの事を踏まえて、今回は中学校、高校は公立、大学は県外の私立とします。

県外の大学で私立となると相当お金がかかります。学部にもよりますが、医学部、薬学部といったかなり費用が掛かる学部以外の平均的な学部を想定します。

大学生の一人暮らしにかかる費用と、生活上のメリット・デメリット│#タウンワークマガジン

このサイトによると、私立の学費平均が104.2万円、1年間の一人暮らしにかかる費用が103.9万円となっています。4年間で832.5万円になります。
べらぼうにかかりますね・・・。奨学金もありますが、社会に出た子供にいきなりマイナスを背負わせるのは親として避けたければ、子供の学費も考慮して資金を貯めないといけません。奨学金借りていた私としては子供に奨学金を借りさせるのは抵抗ないですけどね笑。
学資保険というものもあるので、子供が生まれてから組めば軽い負担で将来の子供の進学等のための資金を作っておくことも可能です。

平均値例

子供は高校まで公立、大学から県外の私立に通う。大学でかかる費用として一人暮らし費用と学費で4年間合計840万円かかる。学資保険も視野に入れる。




6.子供の結婚

子供は大学卒業して就職したら一人前となり親の元を完全に離れてと言っても良いと思いますが、最後に大きな親の援助として子供の結婚があります。結婚相手とその家族の事もありますから、結婚する際に金銭的に手助けしてあげたい気持ちもあるでしょう。子供が男か女かでも結納金がかかるとかしきたりが違ってきますが、一番かかるのは結婚式費用。男性側が全額負担するというケースも聞いたことがあります。今どきはそんなこともないかもしれませんが。よく聞くパターンは両家で半分ずつの負担。それを親が出す。そこまでするかはわからないですが。

情報としてはこんなものがありました。

結婚式費用の親負担はどのぐらい?|結婚式の費用のアンケート一覧|イマドキ結婚&結婚式の本音アンケート|マイナビウエディング

親の負担額は50万円以下が40.3%です。負担はほぼなしと思っていいのかもしれません。

結婚式以外にも、新生活が始まる子供に援助としていくらか渡すパターンもあるでしょう。
その他、「孫が生まれたら」、「子供が家を建てたら」などなど、子供が結婚することで援助したい場面は多々あると思いますが、どこまでこれについて考えるかは個人差があると思いますし、統計データは無いので、お任せします。

平均値例

子供の結婚式費用援助は50万円。その他の子供のライフイベントでの援助は都度相談。

7.退職~老後

いつまで働く予定であるかで生涯年収が変わります。家を買うか買わないかでローンが何年まで支払いがあるなどでもいつまで働く気でいるかという予定も変わってきますよね。
例えば、今30代なら国が定年を引き上げる前提で65歳定年、70歳まで継続雇用制度で仕事するかしないか、くらいに考えたほうが良いと思います。


実際、以下の厚生労働省のデータから見ると、60歳の定年以降も引き続き継続雇用制度(嘱託含む)で仕事したいという人が多かったそうです。

今後の高年齢者雇用の 現状と課題について

今の法律では60歳の定年を超えても65歳までは本人が希望する限り再雇用してもらえますから、その点は安心できます。これが先にも行ったように65歳定年、70歳まで継続雇用制度が利用できるようになる可能性が高いのではないでしょうか。仕事内容も収入も変わってしまうとは言え、年金以外の収入が無いのは不安になりますから、仕事はできる限りするでしょう。もちろん、定年までに老後資金を貯められれば話は別ですが。


そう、年金も気になりますね。
年金受給額は収入によって変わりますが、会社勤めの場合厚生年金で平均月15万円、自営業等の国民年金であれば平均月5万円といわれています。夫婦で厚生年金なら月30万円、国民年金なら月10万円です。老後も生活水準を下げずに余裕のある生活するうえで必要な金額は夫婦二人で月36万円必要だそうなので、年金だけでは足りないようです。
年金シミュレーションもありますから参考にしてください。

年金シミュレーション : 三井住友銀行


じゃあ年金だけでは足りないとなると、退職金が気になるところです。
参考の数字を出しておきます。こちらのサイトによりますと、60代世帯の平均貯蓄額平均値は1635万円で中央値は650万円だそうです。

定年がもうすぐそこまで迫っている世代にとって、気になるのが退職後の生活。公益財団法人生命保険文化センターが全国の18~69歳男女を対象に、平成30年4月6日~令…
limo.media

また、退職金を老後資金として期待するのは良いですが、中小企業の25%は退職金制度がないそうです。また、参考までに経団連に加入している大企業の退職金が2255万円なのに対して、東京都の中小企業の退職金が1203万円になります。

新潟県の従業員100人以上の企業の勤続年数30年での退職金平均は754.9万円だそうです。

この調査は、県内の民間企業の退職金制度の実態を明らかにし、退職金制度の普及及び改善のための基礎資料とすることを目的とし、常用労働者10人以上を雇用する企業のうち…
www.pref.niigata.lg.jp

平成18年のデータなのでちょっと古いですが、やはり、東京に比べて低くなります。あまり過度に当てにした設計を行うと破綻するので注意が必要です。就業規則等で自分の会社の退職金規定は調べておいたほうが良さそう。
若い人は退職した後の老後の事なんて考えられない人が多いと思いますが、現時点での現実は知っておいて損はないでしょう。
正に人生設計でどんな老後を送りたいかで老後資金は変わってきます。
「年に一回夫婦で海外旅行」「趣味」「老人ホーム」などなど。「終活費用」なんかまで考えている人もいますからね。

平均値例

退職金は750万円。共働きなら1500万円の退職金収入。収入面でゆとりを持ちたいので、継続雇用制度でローン返済年の70歳まで働く。70歳以降がリタイアとして90歳まで生きるとすると、年金で足りない金額は1440万円。退職金で賄えそうではあるが退職金を当てにせずに1440万円を70歳までに貯蓄したい

まとめ

完全に素人の私が新潟の人生設計について調べてみました。ネット上から官公庁の統計データを見れますし、ネット上のサイトでも官公庁の統計データを基に書かれているので調べようと思えばいくらでも調べられそうだという事が分かりました。私自身、知らない事ばかりでとても勉強になりました。
ローンを組む際などちゃんと金額面を出したい際には、プロであるファイナンシャルプランナーにお願いしましょう。

人生設計はやっぱり金銭的な面が重要ですが、結婚するかしないか、子供を作るか作らないかでもお金も人生も大きく変わってきます。人生設計なんて設計時点での自分の思考を表したものなので1秒後に変わっている事なんて全然あると思います。じゃあ人生設計する意味ないんじゃないのと思うかもしれませんがそんなことはないと思っています。その時その時で変わってもいいけど、人生設計するうえで取得した情報を知っているか知らないでいるかで大きな違いです。
一度人生設計を組んでみると、必ず自分は何を大事にしているかわかるはずです。人生設計は自己分析になります。自分の事を自分が一番よく知らないので自分を知るためにも人生設計をしてみてはいかがでしょうか?

自分が新潟でどう生きていきたいのか?よく考える必要がありそうです。