【結局どう使えばいいの?】clubhouseの活用法10選

【結局どう使えばいいの?】clubhouseの活用法10選

2021/2/24
フジタ
フジタ

clubhouse最近一時の盛り上がりが落ち着いた感じもありますが今後も注目しているSNSの一つです。しばらく使ったり聞いてみたりして考えた活用法10選いっちゃいます。個人的に考えたネタもあるけどね

クラブハウスってなんぞや?って人は過去のクラブハウスの記事も参考にどうぞ。

【今話題の音声SNS】Clubhouseって何?アカウントってどうやって作るの?徹底レポート!
オハナ2021年1月25日ごろから突如として日本でバズりはじめ、最近Twitterのトレンドにもなっていた話題の音声SNS「Clubhouse」…皆さんご存知で…
senapon.jp
【これさえ分かれば大丈夫!】clubhouseの基本の使い方解説(画像付き)
ジョーカ皆さん!もうclubhouseのアカウント登録はできましたでしょうか! こんにちは!今を時めく23歳、ジョーカです。今日は流行りのアプリ、「clubho…
senapon.jp
【結局どういうアプリなの?】clubhouseの特徴と他のSNSとの違い
フジタ1月末から話題のclubhouse!新しいSNSとして注目を集めています!これからどんな発展をしていくのか気になりますね。 ようやくビール以外の記事を執筆…
senapon.jp

①手の届かない有名人に近づく

クラブハウスの魅力の一つです。現在ルームにたくさんの人を集めているのはやはり著名な方々が多い印象です。Twitterでもアカウントを持っている有名人は増えましたが、リプを送ってもなかなか返事は帰ってきませんよね。リプにいいねが付いただけでうれしかったりするものです。クラブハウスでも有名人の方の話を聞くのは自由です。そして挙手すれば直接話せる可能性すらあります。
望みはなかなか薄いかもしれませんがチャレンジする価値はあるかもよ。

②懐かしい友達と再会する

クラブハウスは良くも悪くも電話番号を知っているとアカウントが出てきます。私も久しぶりな友達が出てきてフォロー・フォロワーの関係になったりとそんなことがありました。あえて連絡はとることはなくてもその人が配信をしていたら思わず入ってしまいますよね。そこで久しぶりに喋ることになったり、一緒に配信してみる?となったり。プチ同級会みたいなこともクラブハウスではできたりするかもしれませんね。
誰と誰が繋がっているかわかりませんから懐かしい友人と再会することもできるかも。

③知らない人とつながる

こちらはSNSのおもしろさの真骨頂「知らない人とつながる」ですね。クラブハウスは趣味をテーマにルームが建てられていることが多いので同じ趣味の人とつながることが可能です。スピーカーになる人は誰かしらの知り合いであることがほとんどなのではじめましてのハードルも低い印象。
友達が知らない友達を連れて飲みに来て仲良くなるイメージが近いかも。人脈を拡げたい人などはいいかもしれませんね。

④英語を学ぶ

英語を学ぶ一番いい方法は何といってもスピードラーニング(←古い?)ではなく英語を喋る恋人を作ることらしいですね。ただそれはなかなかにハードルが高いのでクラブハウスで学んでみるのはいかがでしょうか?海外の人が建てているルームもたくさんあり、そこでは英語で会話が繰り広げられています。生の英語を聞いているだけで勉強になると思います。また日本語と英語をごちゃまぜにしているルームもあったりします。
英語以外にも韓国語なんかもあるので外国語を学びたい方は活用してもいいかもしれません。

⑤情報収集や勉強に利用しよう

④の英語を学ぶに近いですが、やはり情報収集に使えるツールだと思います。特に自分の知らない業界の話がその第一人者から聞けることも大きなメリットです。最前線で活躍している人や自分が読んだことのある本の著者の話を聞くと、その本の理解がより進むこともあるでしょう。
また個人的にYouTubeなどで上がっているような上手にまとめられた話ではなくその時の生の話というのも真実味がさらに増す要因だと思っています。

⑥定期配信でパーソナリティになる

先ほどまではどちらかというとリスナー寄りの活用法の提案でしたが、主催者になってみるのはいかがでしょうか。自分も何回か主催してみましたがめちゃくちゃたくさん来るわけ無いので大丈夫です(笑)喋るテーマなどにもよりますが定期配信をしているユーザーはよく見かけます。朝の町の音をただただ流しているルームもあったりするのでかなり自由です。
ハードルは高めですが魅力的な内容だったら定期的に訪れるユーザーも生まれると思いますしファン作りにも活用できるはず。

⑦採用活動に使っちゃおう

これはまだ使っているところは見たことはないのですが、志望者を集めてクラブハウスで座談会やグループディスカッションなどしたらおもしろいんじゃないかなと思いました。採用難で困っている会社などはそこで自分の会社の魅力や仕事内容、実際に働いている人の声をお届けし、時には志望者をスピーカーにしてコミュニケーションをとったり、また志望者のプロフィールなどをチェックすることもできる。
新しい採用の形がクラブハウスにはありそうな気がしています。

⑧広報に使っちゃおう

こちらもまだまだあまり見かけないルームですがこれから増えてきそうな気がしています。具体的には実際の商品を利用しながらの配信や新しいサービスの発表をクラブハウスで行い聞いてくれた人への限定サービスの提供、実際にユーザーをスピーカーとして招待し意見(声)を参考にしたサービスを作るなんかもいいのかもしれない。
まだまだアイデアは考えれば出てきそうですが今後は企業も参入してくる可能性は高いでしょう。

⑨公開コンサルの場にしてみよう

実際に見かけたのはTwitterのプロフィールの添削をその場でするというものです。こういう他人がコンサルを受けている場面って実際の会社の会議とかでも経験することですが自分に置き換えがききますし勉強になると思いませんか。別の会社の会議風景を見ると新鮮な気づきがあったりもします。
自分の可能性を拡げるという意味でもそういうクラブハウスの活用もいいでしょう。

⑩ながら聞き

個人的にクラブハウスの一番のメリット、というか音声メディアの一番のメリットは「ながら聞き」ができることだと思っています。家事をしながら、ランニングしながら、時間を無駄にしないメディアということです。
自分の趣味や好きなことの知識が増えるとより楽しくなりますよね。好きなテーマのルームを見つけて流しっぱなしにするのも一つの活用法ですよ。

まとめ

思いつくままに書いていったclubhouseの活用法です。使っていくとまだまだ色々なアイデアが浮かんできそうなSNSですよね。耳で聞くという大きなメリットを活かしてセナポンでも色々チャレンジ出来たらなと思っています。これからクラブハウスを活用しようと思っている人は是非参考にしてくださいね。