【2021年版】コロナ禍で外出自粛傾向の中迎えるGWの過ごし方について考えてみた

【2021年版】コロナ禍で外出自粛傾向の中迎えるGWの過ごし方について考えてみた

はしやすめ

日本特有の大型連休GW(ゴールデンウィーク)。

2021年も早いもので4分の1が過ぎ、GWが近づいてきました。2021年のGWは4月29日~5月9日まで休みだと11連休、長い人は4月24日~5月9日までのお休みで16連休になるかもしれません。

しかし、2021年も2020年同様引き続きコロナ禍でGWを迎えます。手放しで休みが多いことを喜ぶことはできません。

引き続き必要最低限の外出に努めるように言われています。政府から緊急事態宣言やそれに準ずるアナウンスが無い限りは外出してももちろんOKだと思います。

経済を回すことも大事だし、遊びに行く人は感染対策ばっちりでマナーを守って楽しんでほしいです。

でも、この状況で遠出したり遊びに行こうという気が起きない人もいると思います。

今回は、コロナ禍で迎える2021年のGWの過ごし方について考えてみました。

GWを迎えてから考えていては、結局ダラダラ過ごして「私は・・・GW何してたんだろ・・・?」となってしまうかもしれないので、今から何をするか決めて有意義なGWにしましょう!

コロナ禍で外出自粛傾向の中迎えるGWにやる事リスト

できるだけ外出せずに、家の中でできる事を考えてみました。外出したとしても人混みじゃない場所で。

いくつかやる事リストとしてまとめたので、ご参考にしてください。

1.ゲームをやる

ゲームをするのは悪い事ではないです。

私は昨年2020年のGWにマインクラフトをやってました。外出せず、外でお金使わない分ゲームを買ってもいいかもしれませんね。

普段スマホゲームしかしない人は久しぶりに据え置き機を買ってみてはいかがでしょうか?今どきはオンライン対戦も充実しているようです。

桃鉄とかどうでしょうか?直接会えない友達ともオンラインで盛り上がると思いますよ。



2.家の中の断捨離をする

もう遊んでいない子供のおもちゃ、ずっと着ていない服、クローゼットにとりあえずぶち込んであるもの、などなど。

家の中に使っていないけど、とりあえず置いてあるものがたくさんあると思います。

バタバタする年末年始でやろうとせずに、GWにゆっくり時間をかけてやるのも良いのではないでしょうか?

時間があるので手を止めて想い出に浸りながら断捨離できます。

3.普段行き届いていない場所の掃除

掃除はやり始めるとキリがないです。私は一人だけのお休みの際は必ず掃除しますが、1日ではすべてはできません。

換気扇、窓、網戸、サッシの隙間、ベランダ、などなど、やりたいところが多すぎます。布団の丸洗いなんかも良いですね。

書き出してみてもやっぱりこれらは1日ですべてできなさそうだけど、GWなら日数かけてすべてできますね!

きれいになった部屋は気持ちがいいですよ~。

4.家の中のレイアウトを変更して気分を変える

たまには家の家具の位置を変えたりしてみるのも気分転換になっていいと思います。

外出できないなら家の中をいつもと違う雰囲気にしてみると特別感が味わえます。

リビングのテレビとソファの位置を反対にするだけでも、だいぶ違うと思います。


5.毎日外を散歩

外を散歩する人はどれだけいるでしょうか?私は普段は全くしません。子供と土日に公園に行くときくらい。

でも、外を歩くのって気持ちいいんですよ。できれば毎日行く先もなく1時間くらいふらふら外を歩きたい。

近所を歩くだけでも普段車で通る道が違う景色に見えてきます。

人通りが多いところを避ければ外でも問題なし。健康にもいいし、近所の知らない一面も知れるかもしれません。



6.地元の飲食店のテイクアウト

飲食店はコロナ禍で最も打撃を受けた業種の一つです。外食は好きですし、美味しいものが食べられなくなってしまうと困ります。

さっとお店に行ってぱぱっと食べて帰ってきてもいいですが、外出を控えるという事であればテイクアウトがおすすめです。

コロナ禍でどの飲食店でもテイクアウトメニューは充実しています。2020年の緊急事態宣言下ではテイクアウトにとてもお世話になりました。

おすすめです。



7.車の掃除、洗車

車の掃除はどれくらいの頻度でしますか?洗車はガソリンスタンドの洗車機で頻繁にするかもしれませんが、内装の掃除はどうでしょうか?

マットの砂、座席の溝のごみ、ダッシュボードのほこり、トランクに積みっぱなしの使わないもの(雪対策グッズなど)、掃除する箇所はたくさんあります。

私は定期的に掃除しますが、ハンディ掃除機が使い勝手良いですね。先が細いノズルがついているとなお良しです。

8.普段行けていない医者へ

歯医者、皮膚科なんかは、行きたくてもなかなか行けていないと思います。

特に歯医者は、最低半年に1回はメンテナンスのために行きたいところですが、現実は時間が無く後回しになっていますよね。

皮膚科も重篤な症状でない限りなかなか行けてない。乾燥肌でかゆくなるので乾燥肌対策のクリームが欲しいんですけどね。

行っておけば日々を快適に過ごすことができる医者には行っておいたほうが良いでしょう。

9.料理に凝ってみる

普段料理する人もしない人も、料理をいつも以上に凝ってみるのはどうでしょう。

日々過ごしていると、料理する人でもメニューが同じになりがち。

時間があることを活かして普段作らないメニューを作ってみたり、お店の味に近づけられるようにスパイスや調味料を揃えてみたり。

お取り寄せして、高級食材使ってみるのも良いですね。

10.サブスクサービスで映画やドラマ、アニメなどを観る

サブスクサービスで映画やアニメ、ドラマ三昧のGWも良いですね。

子供と一緒に映画ドラえもんを観て号泣するとストレス発散できるかもしれません。

個人的にはAmazonプライム・ビデオを利用しているのでおすすめです。月額500円からと映像系サービスの中では最も安いですからね。



11.スマホのいらない写真やアプリ、データの削除で動作を軽くする

スマホで何でもできる時代。でも、使いすぎていて容量不足気味になってませんか?そうすると動きが重くなりストレスが溜まります。

かといって、写真のような思いでデータは一括で消すことはできない。なので、GWの時間を使ってスマホ内のデータ整理はいかがでしょう?

整理してPCやHDにバックアップを取り、スマホ内からデータを削除することで、動きが軽くなるかもしれません。



12.寝る

ひたすら寝るのもあり。

最初からダラダラするGWにすると決めていれば、GW明けには「有意義なGWだったなぁ」と思えるでしょう。

まとめ

特別な事は何一つとして書いていませんが、書き出してみると結構やること多くないですか?

やりたいかどうかは別として、せっかく時間があるなら「やったほうが良いだろうな」と思えることもいくつかあったはずです。であればこの際やってしまいましょう!

GWは外出控える人は、コロナ後のためにお金貯めて、やらなきゃいけないことは今のうちにやっておいて、来るべき時に備えておいたらいいと思います。

コロナ禍で迎えるGWですがせっかくのお休みなので、本記事がGWを有効に活用するための参考になればうれしいです。