YouTubeでも聴ける! スピッツおすすめMV特集

YouTubeでも聴ける! スピッツおすすめMV特集

2021/5/29
ヌマジリ
ヌマ
ヌマ

映像がつくとやっぱテンションあがるやんな

MVもまた曲の魅力のひとつ

楽曲を味わう。それはただ単にその曲を聴くということだけに留まりません。

アルバムジャケットやCDデザイン、歌詞カード……などなど、あらゆる方面でアーティストは自分達の楽曲の世界観を表現しています。

おっと、もう一つありました。MV(ミュージック・ビデオ)ですね(もしくはPV プロモーション・ビデオ)。こいつを忘れてはいけねえや。

ドラマ仕立て、アニメ調、なんかお洒落な感じ、ライブシーン切り取り……などなど、MVも見ていると面白いですよね。曲を味わうためにも絶対に視聴しておきたい。

あと、MVが作られている曲といいますと、基本的にはシングル曲とか、アルバムのリード曲とかで、バンド側にとっての「推し曲」が多いと思います。つまりは名曲ぞろいなんだよね。

というワケで今回はスピッツのMVに焦点をあて、おススメのMV曲を紹介していきたいと思います。

あと、ここだけの話ですがスピッツのMVは公式のYouTubeチャンネル「spitzclip」で視聴が可能なんですよ。それもバッチリフルバージョンで。

つまり、コスい話ですが無料で聴ける曲達でもあるということなんだよね。ぜひスピッツへの入門として聴いてみてほしいと思います。

スピッツおすすめMV曲

アンガールズも出演!『群青』

33枚目のシングル『群青』のMVは特にファン人気が高い。特筆すべきはお笑いコンビのアンガールズが出演していることですね。

宇宙人的なフォルム(すみません……)の2人がアホっぽいウサギのコスチュームに身を包み、緩いダンスを披露する。サビではマサムネさんも少し踊ります。

川辺で遊ぶスピッツとアンガールズの絵面のシュールなことよ。水切り楽しそうだし。花火も楽しそう。オッサンたちが青春しとりますね。

このなんとも言えない、あせた色合いも良い。まさに「変な夢見たなあ」って感じのMVですよね。昼下がりにウトウトとする気持ちよさが感じられるようです。癒されるんだ。

オキニのシーン

アホみたいな王冠を被るスピッツ一同。

シンプルにこれが一番好き『ホタル』

21作目のシングル『ホタル』のMVは不思議な世界観。暗い地下の作業場で、薄汚れた作業着姿のメンバー4人。僕はどこなく「カイジ」の世界を思い浮かべました。

で、僕個人としてはこの曲のMVが一番好きなんですよね~。理由は草野さんが色っぺえから。

数多くあるスピッツMVの中でも、この草野さんが一番色っぺえと思います。サビの流し目とかもう! ……ね! たまらんよね! 俺がやったらこうはいかんやろなあ。

あとはラスサビに入る直前。これでもかとドラムをシバき上げる﨑山さんね。腕何本あるの? って感じ。凄くカッコいいです。

曲としてもシングルの中ではトップクラスに好き。夜に聴くと一層染みるこの曲……ぜひご堪能あれ。

オキニのシーン

ただただかっこいい。

ライブハウスでの熱狂がここに『放浪カモメはどこまでも』

『放浪カモメはどこまでも』は22枚目のシングル。狭いライブハウスでライブを行う映像というシンプルなMVですが、曲調も相まってスピッツのロックバンドとしての顔を色濃く見ることができます。

そう。スピッツはロックバンドなんですよ。美しいメロディやアルペジオ、歌声に詩的な歌詞が特徴ですが、スピッツの本質はこっちなんです。

ライブになるとリズム隊の2人が映えますね。特にベースの田村さんはライブではバカみたいに暴れることで有名です。このMVの感じはかなり抑えてますね。

この場に参加し、熱狂を共有しているような気分が味わえる気持ちいいMVです。ライブ行きてえなあ。

オキニのシーン

ギタリスト三輪。イカしてる。

シュール! 意味わからん!『メモリーズ』

放浪カモメと同じく22枚目のシングル(両A面)としてリリースされた『メモリーズ』

このMV、アレですよね。意味わからんすよね。あとなんか学生サークルの自主製作映画のようなシュールさとチープさがある。それがクセになるんだよなあ。

そもそも曲からしてちょっと変わった曲じゃないですか? 最初は「なんぞこれ?」と思いましたが、段々「右手に小銭ジャーラジャーラー!」が耳にこびりついて離れなくなる。

この曲とMVにハマってくる頃には、あなたもだいぶスピッツ沼に沈んできたと言えるでしょう。しゃぶりつくしてほしいと思います。

オキニのシーン

こっち見んな。

メンバーのコスプレ集『愛のしるし』

『愛のしるし』という曲名を見て「ん?」と思った方いらっしゃいますか? そうです。PUFFYです。ヤワなハートが痺れるやつ。

クレジットを見れば分かるんですが、作詞作曲は草野マサムネ。つまりPUFFYに提供した曲のセルフカバーってヤツなんですよね。

この曲のMVは結構珍しくてですね。メンバーが色々なコスプレをしながら演奏するんですよ。

何を着ても似合う田村さん(ベース)に、何を着ても浮く三輪さん(ギター)。意外としっくりくる﨑山さん(ドラム)と、なんかどれも妙に決まってない草野さん。メンバーごとで明暗がくっきり分かれているのが面白い。

いつもと違うメンバーの姿が見れるMV。ファンは必見です。

オキニのシーン

銃を構えるのにもたつく草野さんと真っ先にホールドアップする三輪さん。

スピッツの歴史が詰まってます『1987→』

サイクルヒットに収録された新曲『1987→』は、スピッツ結成30周年を飾る一曲です。1987というのはスピッツというバンドが結成した年になります。歴史が深えや。

これまでのスピッツが行ってきたライブの映像が駆け巡り、わずか3分ちょっとの映像でその歴史を一気に辿ることができるようです。

若い頃の映像なんか見てるともう感慨深いですね。僕が生まれる前から活動してるバンドなんだなあって。あと三輪さん髪型変わりすぎ。

サビで一気に現代の映像が広がるともう全身鳥肌ですね。またこんな大きな箱に満員の観客を入れて、派手なライブができる時代が来ると良いですね。

1987年からはじまり、30年駆け抜け、そしてこれからも続いていく……。スピッツの生涯現役宣言です。ぜひ見てほしい。

オキニのシーン

感動!!

まとめ

というわけで今回は6つのMV付き曲を紹介させていただきました。

スピッツの色々な姿を皆さんに見せるべく選出しましたが、もちろん選外になったMVの中にも良い曲は沢山あります。

『ハチミツ』とか『シロクマ』とか、個人的には『運命の人』とか『ヘビーメロウ』『ありがとさん』なんかも好きですね。んもう全部好き!

冒頭でも述べたように、どれもYouTubeの公式チャンネルにアップロードされているものなので、もし「あ~、なんかちょっとスピッツ興味湧いてきたぞ~」という方は、ぜひこのあたりから曲を漁ることを推奨します。

「ああダメだハマってしまった! 他の曲も聞きたい! ああああ!!」となってしまった方へは、オススメのアルバムを紹介しちゃうので言ってちょうだいね。

どんどん沼にハマってね。スピッツ縛りでカラオケ行こうね。一緒に泣きながら『正夢』歌おうね。

シリーズ記事

ロックバンド「スピッツ」より珠玉の変態曲達を紹介したい
国民的バンド、スピッツ。なんとなく爽やかで毒のない曲を歌うポップロックバンドという認識を抱いてはいないでしょうか? そんなあなたのイメージを変える、スピッツ珠玉…
senapon.jp
ロックバンド「スピッツ」より、あなたの背中を押してくれる応援曲達を紹介したい。
五月病が蔓延する時候になって参りました。皆さま大丈夫ですか? 後ろ向きになりがちなこの時期だからこそ届けたい、スピッツの「セナポン」ソング達をご紹介します。
senapon.jp

他のスピッツ記事は「スピッツ」タグより!

↓「そもそもセナポンって何だ!?」という方はこちら!↓

【超解説】セナポンとは何ぞや!!【どうして作られた?どんな人たちが運営?ゴールは?】
こんにちは!「セナポン~背中をポンっと押すメディア~」のリーダーをやっています。オハナです! セナポンのサイトが開設されて早8か月… 初めは1日100PVほどだ…
senapon.jp