地元民がセレクトするなんとなくカッコいい新潟の地名たち

地元民がセレクトするなんとなくカッコいい新潟の地名たち

新潟

ふと気が付くカッコよさ

運転をしていると目に入ってくる道路標識やグーグルマップなんかを見ていると、

ヌマジリ
ヌマジリ

この住所カッケエエェェェ!!!!!

なんて思うこと、あったりしません? 

普段は気にも留めてなかったけど、ふとそのカッコよさに気づく瞬間なんてのがあるもんです。そしてそこに住みたくなる。デカデカと住所を書いて年賀状を出したくなる。……よね?

というわけで今回は新潟市に暮らして20数年の地元民僕が、「かっけぇ……!」と感じた地名を紹介していきたいと思います。惚れんじゃねえぞ?

なんかカッコいい新潟の地名

燕 -The Swallow-

まずは新潟県にある市の中のひとつでもある燕。日本における金属加工の一大産地としても有名ですね。

漢字一文字ってカッコいいと思いません? それでいてシュッとした音の響きが素敵。打線を汲むなら1番センターですね。

燕市は「つばめ」繋がりから、プロ野球チームの東京ヤクルトスワローズとの交流があります。

めちゃくちゃお洒落な燕市役所内にはスワローズに関するちょっとした展示も設けられていますので、ファンは一度覗いてみるといいかも。ラーメン食べがてらね。

鐙 -ABUMI-

続いても漢字一文字シリーズ。「あぶみ」と読みます。

渋くてイイですよね~。いぶし銀の輝き。どことなく硬派な雰囲気があります。

道場とかがありそうな、そんな匂いを感じます。感じません?

鐙とはそもそも馬具の一種のようですね。馬に乗る際に足をかける部分です。

ちなみに僕はしばらくの間この地名のことを「よろい」と間違って覚えておりました。恥ずかしいです。恥ずかしいので墓場まで持っていきます。

月岡 -Moon Hill-

月岡は新潟県内における主要な温泉地のひとつです。「月」とかが名前に入ってくると途端に主人公感が出てくる気がしますね個人的に。

もっと美人になれる温泉 月岡温泉観光協会。温泉の魅力や旅館・ホテルを紹介しています。月岡温泉で心に贅沢なひと時をお過ごしください。
www.tsukiokaonsen.gr.jp
画像はにいがた観光ナビより

泉質は「含硫黄―ナトリウム―塩化物泉」(弱アルカリ性低張性高温泉)で美肌の湯として日本トップクラス。

月岡温泉観光協会 – 「月岡温泉について」

温泉街も構えており、足湯に浸かったり地酒を飲んだりしてゆったりとした時間を味わうことができます。心と体を癒すにはもってこいの地。

ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

岩室 -Rock Cellar-

岩室も新潟県内における温泉地のひとつです。温泉地名=カッコいいという説が浮上してきました?

人の苗字としても耳にすることは多いですが、それもカッコいいな~と個人的には思っていました。堅牢、実直なイメージを感じます。

岩室温泉は弥彦神社からもほど近いので、参拝→温泉でゆっくりの黄金ルートを辿ってみても良いのでは?

新潟 日帰り温泉パラダイス 2021-2022版

新潟 日帰り温泉パラダイス 2021-2022版

990円(09/18 05:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

紫竹山 -Purple Bamboo Mountain-

新潟バイパスにあって派手な立体交差のジャンクションとしても君臨する紫竹山。ポイントは「紫」でしょうか。

「竹山」だけだとどうにも芋臭い雰囲気が漂いますが、先頭に紫がつくだけで不思議と洗練されたイメージになるんだから不思議なもの。色の持つ力ってやつですな。

ちなみに紫竹山ICは新潟バイパスの中でも鬼門で有名。どの車線がどの方面に続いているのかが慣れていないと中々分かりにくく、また交通量もアホみたいに多いため車線変更も一苦労。

僕も昔はよくここで亀田方面へ運ばれていました……。

逢谷内 -Meeting in the Valley-

さて、続いても新潟バイパスのインター名にもなっているところから。

ちょっとした難読地名でもありますが、こちらは「おうやち」と読みます。はじめ僕は「おやうち」と間違って読んでいました。恥ずかしいです。恥ずかしいので墓場まで持っていきます。

単なる「会」ではなく「逢」という漢字を使っているところが良いですよね。もっと深いめぐり合わせ……何か運命的なものを感じはしないでしょうか? 僕だけ?

ちなみに逢谷内インターは片方面からしか乗ることができないハーフインター。新発田方面へ行きたい時はここは使えないので、竹尾か海老ケ瀬を使いましょう。

弁天 -Sarasvati-

こちらも新潟バイパスインターチェンジの名前として採用されています。一目で見て「カッコいい名前だなあ」と思いました。

由来は七福神の紅一点である弁財天。さらに辿るとヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティーから来ています。それを知ると、なんとなくめでたい感じがしてくらあな。

弁財天の名前に「財」という漢字が使われていることもあり、一般的に知られているのが金運アップや商売繁盛でしょう。

しかし、それ以外にも交通安全や恋愛成就、子孫繁栄や技芸上達、長寿といったご利益があるといわれています。弁財天は現世において幅広いご利益を授かれる、万能な神様なのです。

マイナビニュース – 「七福神の弁財天(べんざいてん)とは?」

そして弁天インターも逢谷内と同じくハーフインター。新発田方面へは行くことができません。割と新潟市の中心部に近いインターのため、そのことを忘れていると結構痛いので要注意。

弁天にある本にまみれたゲストハウス

本棚の中の秘密基地。新潟駅前のゲストハウス「BOOK INN」にて最高の夜を過ごしました。
新潟駅前にある「BOOK INN」さんは、本棚の中で眠ることのできる読書好き垂涎のゲストハウス。そんなBOOK INNさんに泊まって来ましたという記事です。
senapon.jp

天神 -Heaven’s God

こちらは中央区の地名である「天神」。これはもう取り立てて解説の必要はないでしょう。字面、意味、音の響き、どれをとってもしっかりカッコいい。王道のカッコよさですね。

場所としては新潟駅前にあたり、背の高いビルや飲み屋が連なっています。

けやき通りも構えており、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪を被り……等々、四季折々の姿を見せてくれます。年末年始にはイルミネーションも施され、忘年会後に見る姿にはなんとも言えない情感があります。

写真はにいがた観光ナビより

天神にあるフジタおすすめの飲み屋

新潟駅南口でクラフトビールを飲むならアマリロ
家飲みもお店飲みも含めて年間600杯以上はビールを飲むフジタが勝手におススメするクラフトビールが飲めるお店を紹介するコーナーです。ちょっとずつ暑くなってきた季節…
senapon.jp

花園 -Flower Garden-

お次は「花園」。これまでのカッコよさをまとった地名達とはひと味違い、華やかな印象のある地名です。少女漫画の舞台になりそうな町名じゃないですか? 新しい恋の物語が始まっちゃいそうなよ・か・ん。

そんな花園はあの新潟駅が鎮座まします新潟県における交通の中心部。

新潟駅はその周辺も含め、現在大規模なリニューアルの最中。僕はここ4,5年くらいまともに新潟駅を利用していないので、どこがどう変わったのかはあまり分かっていませんが……。

今後も工事は続いていきます。完全体の新潟駅がどんな姿になるのか。県民としては非常に楽しみですね。

聖籠 -Holy Cage-

こちらは名前の響きがかっこいい「聖籠」です。ちなみに僕はしばらくの間、聖籠の字を聖龍とまちがって覚えていました。恥ずかしいです。恥ずかしいので墓場まで持って行きます。墓がパンパンになっちゃう!

聖籠には免許センターがあり、新潟市内の成人にとって、一度はお世話になったことのある地ではないでしょうか。

ここで初めての運転免許証を手にした時の喜び……忘れられないですね。写真の写りに絶望したことも忘れられません。

2回の更新を経て今は3枚目の免許証になっていますが、1枚目の写真に負けず劣らずヤバい写りでした。シャバに出してはいけないですねアイツは。

出雲崎 -Clouds emerge from the cape-

出雲崎は、新潟県外の方でも「ん? なんか聞いたことあるな……?」と感じる地名ではないでしょうか。そうです。ジェロの海雪です。あなた追って出雲崎。悲しみの日本海。

良寛の出生地としても知られ、江戸時代には越後一と言われるほどに栄えた地。

良寛と夕陽の丘公園 画像は新潟観光ナビより

良寛生誕の地・芭蕉詠嘆地・江戸時代天領地・近代石油産業発祥地としての深い歴史や紙風船の生産量日本一という産業、自然に恵まれた土地ならではの充実したグルメなど、味わいたっぷり。

日本海に沈む夕陽の美しさも圧巻です。

出雲崎町観光協会 – 「出雲崎ってこんなまち!」

新潟県のちょうど真ん中くらいに位置する出雲崎。そこにある深い歴史を感じに足を運んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

以上、今回は地元民の僕が思うカッコいい新潟の地名を紹介させてもらいました。

一応僕が既知の地名からセレクトしましたが、地名一覧みたいなものを見ると、当たり前ですけど知らん地名が沢山ですね。市の名前になってればまだ分かるけど、他は近所ぐらいしか分からないです。

はしゃぎながら「こんな地名があるのか!」と一覧を眺めてましたよ。由来とかが気になるものもあったな~結構楽しかった。30分くらいは時間潰せます。

皆さんお住いの地域にもバラエティ豊かな地名があると思いますので、興味があったら調べてみるとまたひとつ地元のことが好きになれるかも……?

関連記事

凄いぞ新潟いけるやん! ~新潟の日本一をデータで発掘してみた~
ヌマ人ってのは、意外と何にも分かってないもんさ。地元のことも、自分自身のことも……。 かの有名な哲学者、フリードリヒ・ニーチェはこのように語りました。「自分自身…
senapon.jp
元新潟住みが語る離れて恋しくなった新潟のいいところ
「失ってから気が付くものがある」というのは全ての物事において真理であると思いますが、「離れてからわかる土地の良さ」もありますよね。私ジョーカ、新潟暮らし歴5年の…
senapon.jp

「セナポンとは何ぞや!?」という方はこちらの記事をどうぞ~

【超解説】セナポンとは何ぞや!!【どうして作られた?どんな人たちが運営?ゴールは?】
こんにちは!「セナポン~背中をポンっと押すメディア~」のリーダーをやっています。オハナです! セナポンのサイトが開設されて早8か月… 初めは1日100PVほどだ…
senapon.jp