日本語でおKじゃない?カタカナ語について語りあってみた!【解説あり】

日本語でおKじゃない?カタカナ語について語りあってみた!【解説あり】

2021/2/9
オハナ
オハナ

皆さん、最近こんなカタカナ語、耳にしたことありません?

「明日の会議に向けてレジュメ用意しなきゃ!」
「ごめん!週末の飲み会、リスケさせてくれる…?」
「この度私のプロデュースブランドをローンチすることになりました!」

意味はなんとなく分かるけど、通じるけど、けど!
それって、日本語で、よくない…???って気持ちになったこと、ありませんか?

少なくとも、私たちはある!!!ということで、そんなカタカナ語を集めてちょっかいをかけたいなと思った(性格の悪い)セナポンメンバーたち。
各自「ちょっと鼻につくな」と思ったカタカナ語を集めて、その言葉の意味や本当にカタカナで言う必要ある…?ってことについて語り合ってみました。

フジタ
編集長 フジタ

普段スカしているみんなが本当にカタカナ語の意味を知っているのか、暴くのが非常に楽しみです!
(性格が悪いですね!)

オハナ
リーダー オハナ

カタカナ語ね!し、知ってるけどあえて使ってないんですよ~!汗
(実はカタカナ語の意味、ひとつもわかりません!)

コイケ
ロジカル野郎コイケ

カタカナ語ね~。使われると「ん?」ってなりますよね。
(コイケさん、めちゃくちゃ使いそうですが他人に使われると嫌なんですね。)

ヌマジリ
ファッション陰キャ ヌマジリ

こんな田舎モンに、カタカナ語なんてわかんないっすよ~。
(と言いながら実は自分が一番理解していると思っているの、バレてますよ。)

ジョーカ
誤字脱字王 ジョーカ

普段の文章誤字脱字ばっかりだけど、ついていけるように頑張ります!
(がんばってね)

それではさっそくいきましょー!!

レジュメ

オハナ
オハナ

ではでは執筆者の私から…非常によく使われる簡単な言葉ではありますが、みんなが目にするカタカナ語といったら「レジュメ」ではないでしょうか!

フジタ
フジタ

確かに!ちなみにジョーカさん、意味わかりますか?

オハナ
オハナ

(フジタさん、さっそくやってるよ…)

ジョーカ
ジョーカ

資料…ですか?

オハナ
オハナ

正解!合ってます!

ヌマジリ
ヌマジリ

大学でよく使うイメージですよね。僕は意地でも使わないようにしてました。

オハナ
オハナ

私も、なんか言いたくなくて「プリント」って言ってました。

フジタ
フジタ

プリントもカタカナ語じゃん。笑

オハナ
オハナ

あっ…確かに。笑
でもプリントはもっとなんか、親しみやすいじゃないですか!!

トップバッターは「レジュメ」

■レジュメとは
レジメともいい、「要旨・要約・摘要・概要・梗概・概論」などを意味します。
「論文の内容などを簡潔にまとめたもの」や、「講義・セミナー・研究会などで配布される発表内容を簡潔に記したもの」です。また、最近では、「履歴書」の意味でも用いられることがあります。

三省堂 10分でわかるカタカナ語より

これは一番定番でよく使われるカタカナ語かもしれません。他のカタカナ語は社会人になってから目に入ることが多かったですが、これに関しては大学生のころから聞き覚えがあります。
資料のことは頑なに「レジュメ」と言う人、いましたね~。

タスク

ジョーカ
ジョーカ

続いて私から…
私もそんなに難しい単語は分かりませんけど、単純に使われたらイラっとするなってやつは「タスク」です。

ジョーカ
ジョーカ

全然意味も分かるし通じるんだけど、言われると「…ハッ(乾いた笑い)」ってなる。

オハナ
オハナ

フジタさん使うでしょ。

フジタ
フジタ

えー!言わないよー!!

コイケ
コイケ

言ってるのは見たことないけど言いそうな感じはある。

フジタ
フジタ

おいっ!

続いて出たのは「タスク」

■タスクとは
一般的なビジネスシーンでは、「労働者が遂行すべき仕事や作業のこと」をいいます。

マイナビニュースより

ビジネスシーンでの正しい意味は、「労働者が遂行すべき仕事や作業」のことを言うみたいですね。うん、予想通り!
多分みんな意味もなんとな~く分かるので使っていても会話に支障が出るわけではないのですが、使っている人がいたらちょっと鼻についてしまうかもしれない…だって作業とか、仕事とか、いくらでも別の言葉に言い換えられるんだもん。

リスケ

ヌマジリ
ヌマジリ

続いて僕いいですか。真っ先に思いついたのは「リスケ」ですね。
なんか使われると俺…申し訳ないですが蕁麻疹出るかもしれないです……..

オハナ
オハナ

リスケって予定を外す?って意味でしたっけ?

ヌマジリ
ヌマジリ

いや、予定の再設定って意味です。

オハナ
オハナ

(アチャー…間違えた)

ヌマジリ
ヌマジリ

リスケって何の略?リスクケア?と思っていたんですが、調べたら「リスケジュール」の略みたい。

コイケ
コイケ

ちなみにリスケって金融用語?みたいですよね。返済計画を見直すときによく使われるそう。

ヌマジリ
ヌマジリ

へー!そうなんですね。
それにしても、この言葉をこなれたように使ってくる方には少々ムカついてしまいます。

次に出たのは「リスケ」

■リスケとは
リ・スケジュール(reschedule)のことで、スケジュールのたて直しや日程の再調整を意味します。銀行などでリスケという場合は、債務返済の繰り延べや返済条件の変更のことを言います。

エリートネットワーク ビジネス用語集より

これもよく聞く言葉ですが、私は全然意味を理解していませんでした。笑
スケジュールを外し、更に再設定するという二つの意味が込められているこの言葉、ちょっと便利かも…!ただし使った人はもれなくヌマジリさんに嫌われてしまいます。

アサイン

ヌマジリ
ヌマジリ

あともう一つ…
「アサイン」という言葉もよく聞きます。ニガテです。

ジョーカ
ジョーカ

これまた、どういう意味でしょう…

ヌマジリ
ヌマジリ

任命、役割を与えるって感じかな?

フジタ
フジタ

えー!そうなの?なんか俺「承認」みたいなイメージだった。

オハナ
オハナ

調べてみたら「割り当てる、任命する」って感じの意味みたいですね。

フジタ
フジタ

あ、そうだったのね…(間違っていてちょっと悲しい)

ジョーカ
ジョーカ

へ~。でもアサインなんて、相当意識高い人じゃないと使わない感じがします。

フジタ
フジタ

そうかもね。IT業界の人が「このプロジェクトにアサインします」みたいな感じで使ってるの聞くかも。

次の言葉は「アサイン」

■アサインとは
英語では、あてがう、割り当てる、任命する、指定する、付与するなどの意味があります。
ビジネスにおいてのアサインとは、主に「任命する」「指定する」のような意味に使います。

エン転職より

単語自体は聞いたことがあるけど意味は知らない人が多い、ちょうどいいラインのカタカナ語!
偏見ですが、「君をこのプロジェクトにアサインする!」なんて使っている人がいたら、ちょっと「こんな単語も使いこなしちゃう、俺!」って悦を感じながら言ってるんじゃないの~?プププ!と思ってしまいます。

ローンチ

コイケ
コイケ

次、私いいですか?よく上司が使っている言葉なんですけど、「ローンチ」

ジョーカ
ジョーカ

全然知らない。

ヌマジリ
ヌマジリ

聞いたことない。

オハナ
オハナ

私なんとなく分かる!
インスタグラムでインフルエンサーの方が「ブランドをローンチします♡」とか言ってますよね…
「立ち上げる」とかの意味ですか?

コイケ
コイケ

そんな感じ!簡単に言うと、「サービス開始」って意味みたいです。

コイケ
コイケ

同じような意味の言葉で「リリース」もあるんだけど、ローンチはIT、Web系の公開によく使われる言葉のようですね。

フジタ
フジタ

じゃあセナポンも最近ローンチしたってことになるのね!

オハナ
オハナ

うちらも使えますね!

次の言葉は「ローンチ」

■ローンチとは
新製品を発売したり、新サービスを開始することです。
製薬会社が新しい薬を発売する際や、Webサービス企業が新サービスの提供を開始する際などに使用されます。金融業界では、有価証券の発行時や、発行を市場に発表する際に使われます。

エリートネットワーク ビジネス用語集 より

セナポンメンバーの中では知っている人と知らない人が半々くらいだったこの言葉。なんかWEB系のおしゃれな方々が使っているイメージがあります。
悔しいかな、最近サイトを立ち上げたセナポンにはぴったりな言葉でした。サイトをロ、ローンチしてもう少しで1か月になるセナポン、みんなよろしくねっ!(使い方合ってますか?)

サマリー

フジタ
フジタ

ふふ…ついにターンが回ってきたぞ!
「サマリー」みんな意味分かる?

コイケ
コイケ

あーーーーえーーーっとね。分かる。分かるんだけど…!!(言葉が出てこない)

オハナ
オハナ

ハッハッハッ(笑)
カタカナ語に対するその気持ちめっちゃ分かります。笑
なんとなく概要は分かるんだけど、言葉にするのがむずいんですよね。

コイケ
コイケ

うーん…なんか、集合?みたいな?

フジタ
フジタ

惜しい!「要約」です。

コイケ
コイケ

ああー!!悔しい!!

次の言葉は「サマリー」

■サマリーとは
英語の「summary」から来ていて、日本語にすると、あるものごとの内容の「まとめ」「概要」「要約」などの意味の言葉です。長い文章やデータなどを、集約し短くまとめたもののことを指します。

マイナビ学生の窓口フレッシャーズより

これも分かりそうで分からない、良いラインのカタカナ語…!「この前の打合せのサマリー、提出しておいてくれない?」といった感じで使うようですね。少しルー大柴さん感が否めません。

スキーム

フジタ
フジタ

続いて、「スキーム」

オハナ
オハナ

えー!!聞いたことはあるような気はけど本当に全く意味が分からない!

ジョーカ
ジョーカ

同じく全然分かりません!
どういうときに使います?

フジタ
フジタ

「そのスキームもう一度確認したほうが良いんじゃないの?」とか言うかも。

ヌマジリ
ヌマジリ

なんだろう…「施策」?とか?

フジタ
フジタ

惜しい!「計画」です。計画、企画、体系、枠組み。

ヌマジリ
ヌマジリ

わっかんなかったな~。難しい。
それにしてもフジタさんのターン、クイズですか?

最後に出てきたのは「スキーム」

■スキームとは
ビジネスの場面でスキームという言葉は「構想を練る」といった意味で使われます。
また、広い意味で捉える場合には、作戦計画・策略・計略・構想・目論み・企図などといった意味合いで使われることもあります。

あしたの人事オンラインより

これは難関!セナポンメンバーフジタ以外誰も分からなかったこの言葉。かなりの上級カタカナ語?
普段カタカナ語を使っている人からしたら常識的な言葉なのでしょうか…

まとめ

さてさて、いろいろなカタカナ語が出てきましたが、皆さんどうでしたでしょうか?
初めて聞いたもの、聞いたことあるけど意味は分からなかったもの、知ってたけど解釈が違ったまま使っていたもの…色んなカタカナ語が出てきたのではないでしょうか?

私は、出てきたカタカナ語大体は聞いたことがあったけれど、こうして語り合ってみると言葉の本当の意味を全然理解していなかったことに驚き&悔しい気持ちになりました。笑

改めて、これだけ多くのカタカナ語が使われているんだってことに気づきましたし、カタカナ語はこれからもどんどん私たちの日常に浸透してくるのでしょうね。

しかし私のように、カタカナ語ってどうしてもなんとなくで意味をとらえてしまいがちではないですか?少なくとも、セナポンメンバー内では、同じ単語でも一人一人認識の違いがあった単語がいくつもありました。

カタカナ語を否定するわけではないし、使ってはいけないわけではありません!でも、人に自分の言葉を適切に伝えるためには、自分目線ではなく相手の目線に立って、分かりやすい表現をすることが大切なんじゃないかなと、今日改めて感じました。

日本語でもカタカナ語でも相手に適切に伝わりさえすればいいんです。相手がどんな人かによって話し方、言葉の選択をすることが必要ですね。

皆さんもこれをきっかけに自分の言葉、文章を振り返ってみてはいかがでしょうか?

今日は終わりです!