カーブドッチヴィネスパのワイン&ブックラウンジが最高すぎた

ヒトミ

遊ぶ

体験レポ

ヒトミ
ヒトミ

なんだか癒やされたい……

最近ちょっと疲れてしまった。行き詰まった頭をリフレッシュしたい。スマホやPCからすこし離れたい……と思う日もありますよね。

そんなあなたに紹介したいのがカーブドッチヴィネスパ

西蒲区にある新潟を代表するワイナリーが3月にリニューアル!「温泉」「ワイン」「食事」「スパ」……それだけでも十分癒やされるけど、そこに「」が追加されたとのこと。

シャモト
シャモト

おしゃれなブックラウンジができたって聞いたけどハードル高そう……。
実際どうなのかな?

ヒトミ
ヒトミ

私の中で「本」って勉強するイメージだから癒やしになるのかな?
実際に体験してきますね!

リニューアルしたカーブドッチヴィネスパに行ってみた

カーブドッチヴィネスパってどんな施設?

お庭に囲まれながら角田山が一望できる癒しの「温泉」

カーブドッチは、宿泊だけでなく日帰り温泉も楽しむことができる施設。贅沢な源泉かけ流しの温泉です。アルカリ性単純泉なので肌がしっとりとします。

おすすめポイントは、露天風呂がお庭の中にあること!

芝生には、季節の花が咲き木々に囲まれているので現実を忘れてしまいそうなほどリラックスできる。さらに、天気がいい日は角田山を一望できるのもポイント。夜には月や星を近くに感じるための照明が工夫されているといったこだわりがつまった露天風呂なのです。また、季節のイベントでハーブ風呂や薔薇風呂などの変わり湯もやっているそう。

コイケ
コイケ

男湯にはサウナもありますよ

また、別料金となりますが女性専用のアロマ岩盤浴もあり。香りが日によって違うので、岩盤浴+リラクゼーション効果を求める方にぴったり♪

〜ながら自慢の「ワイン」をご賞味あれ

外のお店にもワインショップがありますが、ヴィネスパの入り口にもワインが並んでいます。お土産にささっと買えるのは便利。

しかしヴィネスパは「〜ながらワインを楽しむ」ことができるのが魅力!

和食を楽しみながら、本を読みながら……それができるのはヴィネスパだけですよ。

ワインに合う和食が楽しめるごはん処「レストラン湯楽」

ヴィネスパ1階の地元素材を使った和食レストラン。

ここの特徴は「ワインに合う和食」を提供してること!

メニュー

しかも、ごはんとお味噌汁はおかわり自由。

魚やホタテなどの海鮮がぷりっぷり&甘くてたまらなくおいしい……!

海鮮丼

ワインも一緒に頼んだら、運ばれた時に説明してくれました。一見ワインと合うの?と思う和食ですが、食べたらわかる……めちゃくちゃ合う。

店内も清潔感があって、気軽に入りやすくて上品な雰囲気のお店です。

ヒトミ
ヒトミ

ワイン苦手だけどこれは飲みやすいな〜。しかもご飯がすすむすすむ……!

ワイン&ブックラウンジおすすめポイント

そして、リニューアルした「ワイン&ブックラウンジ」を実際に体験してきました!(with家族)

まずは入り口に入り、タッチパネルで入館券を買います。

※未就学児は利用できませんのでご注意ください

①温泉&ブックラウンジ¥1,000
ドリンク&ブックラウンジ¥1,000
③温泉&ドリンク&ブックラウンジ¥1,500

※ドリンク……カフェカウンターのドリンクが1杯サービス。

一見、温泉がついてるほうがお得に見えますが、カフェカウンターのドリンクは800円ほどするリッチなドリンク。なので1杯無料になるのはすごい。

ヒトミ
ヒトミ

温泉入るなら③の全部ついてて1500円はかなりお得……!

ちなみに再入館は3時間以内ならOK。外出する際はフロントに声をかけて、「再入館チケット」をもらいましょう。

10のテーマで並べられた約4,000冊の「本」

まずは入るとびっくり!たくさんの本がキレイに並んでいます。

10種類のテーマに分かれているのですが、言葉のチョイスが興味をそそる。「趣味」を『私だけのこだわり』と表現してあったり、おもわず「どんな本が置いてあるのかな?」と飾られた本に目がいきます。

また、フロント近くに置いてあったパンフレットを見てみるとラウンジのmapが載っていました。どこに何が置いてあるかわかりやすい!

……そしてこのレイアウトには、ある工夫がされているのですが気づく人いますか?

そう、レストラン付近に「食」が、温泉付近に「こころ」「からだ」など関係ある本が置かれている工夫がされています。なるほど〜。

本は購入も出来て、入り口や温泉近くのカウンターで購入できますよ。

ヒトミ
ヒトミ

癒やしを求めにきてる人が多いからか、「食」や「こころ」の本がよく売れるんだって!

ヌマジリ
ヌマジリ

わかるなー内側から癒やされたい……

どこに座るか迷っちゃうほど豊富な「席」

読みたい本が決まったら席を探そう〜。

1階カフェカウンター付近の席や、ぶどう畑が見える席、中庭にも席があります。2階には、本棚の間にある秘密基地のような席やふっかふかのソファ席。中庭を2階から見下ろせる席など、席の種類も豊富なので飽きのこない読書が楽しめそう。

秘密基地みたい〜
温泉につづく通路の席
ヒトミ
ヒトミ

席数も多いので安心♪

ちなみにWi-Fiはありますが、コンセント(電源)はありません。実際にお客さんを見ても、PCやスマホを使っている人より本を読んでる人が多かった印象です。

ふかふかのソファ席。寝ちゃいそう(笑)

※空いてる時間を聞いたところ、午前か夕方以降がおすすめとのことです(11時~15時は混み気味)。

まるでワイン!?なぶどうジュースが飲める「カフェカウンター」

喉が乾いたら、ドリンクサービスのチケットを持って1階のカフェカウンターへ。

自慢のワインやコーヒー、珍しいワインぶどうのジュース、フランス紅茶などドリンクも種類豊富。ビール(蒸留酒)もおすすめだそうですよ。

軽食やスイーツもあるので小腹を満たすのにちょうどいい♪

ぶどうジュース赤/白・バナナケーキ・カヌレ
ヒトミ
ヒトミ

めっっちゃうまー!!!こんなおいしいぶどうジュース初めて。

妹

ワインみたいでおしゃれ〜。お酒が飲めない人もリッチな気分になれるね。

蒸留酒(ホワイト)・ワイン
父&母
母&父

ワインもビールも一言じゃ表せない奥深さだねぇ……贅沢。

そして、7:30~10:00まではモーニングもやっています。コーヒー・トースト・薪小屋ソーセージ・ごとらってのヨーグルトがついて770円。多いときは20食ほど出るくらいの人気ぶりだそうですよっ。

晴れてたら絶対行ってほしい、リニューアルした「中庭」

実はヴィネスパ、館内だけでなく中庭もリニューアル。なんと木もほとんど植え替えたそうで、オリエンタル風なガーデンに変身。

もちろん晴れていればここにドリンクをもってきて、本を読むこともできます。また、置いてあるソファは北欧家具で、雨が降っても30分後には渇く優れもの!

ヒトミ妹
ヒトミ妹

ちょうど一時間前まで土砂降りだったけど本当に乾くの……?布だよ?

ヒトミ
ヒトミ

……乾いてるーーーっ!(本当にびっくりした)

木のベンチもおしゃれ

自然に囲まれながら本を読む。ドリンクを飲みながら噴水を見てボーッとして……。風がそよそよ吹いたときなんか最高だったので暖かい時期ならぜひ中庭も行ってみてね!

リニューアルに至った“想い”

そして今回、なんとカーブドッチの社長さんにお話を聞くことができました。その想いがステキだったので一部抜粋してご紹介します。

ヒトミ
ヒトミ

なぜ「ブックラウンジ」としてリニューアルしたのですか?

社長
社長

今まではスパや温泉など、表面を整えることに力を入れていました。ですが、これからは内面も刺激したいと思ったんです。
幅さん(ブックディレクター)の言葉を借りれば「本は幸福な事故」。思いがけず自分の世界を広げるチャンスで、ここがそういう出会いの場になってくれるとうれしいですね。

ヒトミ
ヒトミ

たしかに本屋に行っても興味のある場所しか見ないから新しい出会いって少ない……。
ここのレイアウトは、つい表紙が目にとまる見せ方ですよね〜すごい!

社長
社長

さすがですよね!(笑)
カーブドッチにワインを飲みにくる、温泉に入りにくる、そこに「本を読みにくる」が増えました。客層も男性や若い人が増えたので幅広い過ごし方をしていただけてるのだと思います。

ヒトミ
ヒトミ

若い人やおひとりさまも、もっと気軽に来やすくなったとおもいます♪

社長
社長

それはうれしいです。来る前から笑顔になるような、心を動かす本物のリゾート(Resort:何度も通う心地いい場所)を作りたいので、今後もさらに試行錯誤していきます!

ヒトミ
ヒトミ

こんなにすばらしいのにもっとステキな場所に……!?絶対またきます!

まとめ

カーブドッチヴィネスパは、五感を感じられる気軽にいけるリゾートです。時間制限もないので時間を忘れて心ゆくまでゆっくりできます。

リフレッシュの仕方っていろいろあるとは思いますが、やっぱり心が回復しないと本当の意味のリフレッシュにならないですよね。その点においても、現実を忘れられたり考え方の違いに気づけたりする「本を読む時間」って、とても大事な時間だと思いませんか?

……といっても実は私、印刷会社に勤めてる身ですが、ほとんど本に興味がなかったんです。けど、ここを歩いたとき「おもしろそう!」「おしゃれな表紙〜。どんな内容なのかな?」と、自然と本に手が伸びました。これがヴィネスパのすごいところだと思います。

入浴やサウナの後にいつも通りスマートフォンを眺めるのも勿論いい。けれど、解きほぐされて緩んだ心持ちは、普段は飲まないような1杯を味わったり、いつもなら気にも留めないようなことに興味を持ち、少し考えてみることの始発点になるはずです。

VINESPA公式HP(ブックディレクター幅 允孝さん)より

本の選書をした幅さんの言葉にあるように、まさにいつもならしないことが不思議とできる。自分を労ったり、「ボーッとする」が全力でできるヴィネスパ。

忙しない現実からちょっと離れたい人、自然に囲まれてリフレッシュしたい人、新しいことに出会いたい人……

1つでも当てはまったら、一人でも誰かを誘ってもいい。今度のお休みにぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

店舗名カーブドッチ ヴィネスパ
住所新潟県新潟市西蒲区角田浜1661
電話番号0256-77-2226(電話受付 9:00~20:00)
営業時間7:00〜22:00(木曜日のみ 10:00〜22:00)
定休日なし
駐車場あり
HP、SNS等公式HPFacebookInstagram

取材・記事広告依頼承ります

あなたの持つ"かがやき"を発見し、届けたい想いを言葉にする。セナポンにそのお手伝いをさせてくれませんか?